スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神道のこころ」という本を読んでいます。

「神道のこころ」という本を読んでいます。

斉藤一人さんの本で、お勧め本として紹介されていた本です。

著者(本の体裁はインタビュー形式です)は、形成外科医から宮司になった葉室頼昭さん。

葉室さんの信じられない体験の数々から人間は生かされてるということがストンと入ってきました。


「神道」のこころ「神道」のこころ
(1997/10/15)
葉室 頼昭

商品詳細を見る
スポンサーサイト

西田 文郎さんの「かもの法則」を読みました。

西田 文郎さんの「かもの法則」を読みました。

マイナス思考は、頭の中をふっと浮かんだ「できないかも」という予感が原因。
マイナス思考をポジティブ思考に変えるのは困難だが、「できないかも」を「できるかも」に変えるだけで、ポジティブ思考になることができる。

簡単なことなのでやってみようと思います。


かもの法則 ―脳を変える究極の理論かもの法則 ―脳を変える究極の理論
(2009/07/14)
西田 文郎

商品詳細を見る

「斎藤一人 幸せの名言集」を読んでいます。

「斎藤一人 幸せの名言集」を読んでいます。

「今日、今この一瞬だけ幸せに生きることを考える。」という言葉があります。

「人生は一瞬一瞬の連続だから。」

この言葉を見て、起こってもいない先の事に不安になったり、憂鬱になる必要は全くないと腹の奥から思うことができました。

有難うございます。


斎藤一人 幸せの名言集斎藤一人 幸せの名言集
(2008/12)
斎藤 一人

商品詳細を見る

斎藤一人さんの「二千年たってもいい話」に書いてある成功の秘訣。

斎藤一人さんの「二千年たってもいい話」に書いてある成功の秘訣。

目標は小さく、努力は大きく。

そして目標に向かって、一点集中で、じわぁ~っとやる。

小さな成功を成し遂げたら、同じ目標をもっている人に教える。


二千年たってもいい話―夢の持ちかた夢の叶えかた奇跡の起こしかた魅力のつけかた (East Press Business)二千年たってもいい話―夢の持ちかた夢の叶えかた奇跡の起こしかた魅力のつけかた (East Press Business)
(2009/08/28)
斎藤 一人

商品詳細を見る

「この人にすべてのよきことがなだれのごとく起きます。」

「この人にすべてのよきことがなだれのごとく起きます。」と会う人会う人に対して念じるとそれが自分に返ってくるそうです。(斉藤一人さんの「変な人が書いた成功法則」より)

普段会う人の前では忘れてしまいがちですが、電車に乗っているとき、歩いているときなどに思い出して念じています。

しかも、大抵は、電車で自分が座ろうと思ったところに横から入られたり、混見合っている車内で、揺られてちょっと接触した際にその人から一瞥をされたり、乗り換えに急いでいるときに、前をゆっくり歩いて行く手を妨げられたりした際に、その人に対して念じるようにしています。

いつも、こんなちょっとしたことに腹を立て、イラついている自分に気づき、それを逆手にとって、その人に対して心の中で毒づくのを止めて「この人にすべてのよきことがなだれのごとく起きます。」と念じるようにしたのです。
yle="width:75%;border:0;" border="0">変な人が書いた成功法則 (講談社プラスアルファ文庫)変な人が書いた成功法則 (講談社プラスアルファ文庫)
(2003/04/18)
斎藤 一人

商品詳細を見る

掃除をすると神さまがきてくれる

斉藤一人さんの本で、掃除の大切さについて知りました。

 神様は汚いところが嫌いなんですね。

 奥さんは整理整頓が上手で、年末の大掃除もこれでもかというほど細かいところまで丁寧に掃除します。

 そこまでやらなくてもといつも思っていたのですが、そのおかげもあって我が家が神様から守られていたことに気づきました。

 玄関を綺麗にしておくと幸せが来るというのも奥さんから教えてもらって、毎晩寝る前に靴を揃えるのは僕の仕事になっていますが、これも一人さんの本に同じことが書いてありました。

今、なかなか手がつけられていないのは、鏡や窓を綺麗にしておくこととトイレの掃除。

これは1週間に1回やることに決めました。

斎藤一人さんの「千年たってもいい話」に書いてあってなるほどと思ったこと。

斎藤一人さんの「千年たってもいい話」に書いてあってなるほどと思ったこと。

大方の人は、死後、地獄に行くそうです。

地獄に行くほど悪いことはしていないはずなのに、なぜか。

この世で罪にはならないけどあの世で罪になること。

それは、無関心。

悪いことをしていなくても、無関心だと地獄行き。

これは、深いですね。


斎藤一人 千年たってもいい話斎藤一人 千年たってもいい話
(2009/08/22)
斎藤一人

商品詳細を見る

斉藤一人さんの「変な人が書いた成功法則」を読みました。

斉藤一人さんの「変な人が書いた成功法則」を読みました。

神様は前払いというのが面白かったです。

成功は、神様が前払いしてくれているだけで、その器に少しでも近づけるように努力しないと、ドーンと落とされることになるというものです。

今の地位に甘んじて、傲慢になってはいけないという戒めです。

ひるがえって自分はどうかというと。けっしてお金持ちではないけれど、果たして、今の収入なり器なり、神様が前払いしてくれているものに見合うだけの努力をしているのか。近づくために何をすればよいのか。

きちんと考えて少しでも近づけるように努力しなければなりません。そしてその努力を楽しむのがポイントですね。


変な人が書いた成功法則 (講談社プラスアルファ文庫)変な人が書いた成功法則 (講談社プラスアルファ文庫)
(2003/04/18)
斎藤 一人

商品詳細を見る

斉藤一人さんの本

斉藤一人さんの本をたくさん図書館で借りてきました。

成功するためのコツ
・光るものを身に着ける
・顔につやを出す
・天国言葉を話す

自分を許す 他人も許す

目標は小さく、努力は大きく

成功したら、そのやり方を人に教える。そうするとさらに上にいける
(それがどんな小さな成功だったとしても)

さて自分にはどんなことが教えられるかな。

岸秀光さんの「弱音を吐いていいんだよ」を読んでいます。

岸秀光さんの「弱音を吐いていいんだよ」を読んでいます。

表面的なテクニックではなく、ほんもののコミュニケーションの方法を学ぶことができます。

親がやってはいけないNG項目をみると冷や汗もので、相変わらずやってしまってるなと反省です。


弱音を吐いていいんだよ弱音を吐いていいんだよ
(2009/01/30)
岸 英光

商品詳細を見る

斉藤一人さんの「絶対成功する千回の法則」を読み返しています。

斉藤一人さんの「絶対成功する千回の法則」を読み返しています。

努力して「しあわせだなあ」といっているうちはまだまだで、それが自然に口をついてでるまでにならなければいけないそうです。

この本を読んでから(2年以上前)しばらくは意識して「しあわせだなあ」というようにしていたのですが、そのうち言わなくなってしまいました。

頭の中で唱えるのであればいいのですが、さすがに声に出して言うのは周囲の目が気になったりします。

でも、周りから変な人だと思われてもやり続けることで、千回の法則が効果を発揮するようになると一人さんは言います。

まずは小声で、そして一人で歩いているとき、家にいるときに口癖になるぐらいにしてみます。


斎藤一人の絶対成功する千回の法則斎藤一人の絶対成功する千回の法則
(2003/05)
斎藤 一人講談社編集部

商品詳細を見る

ホ・オホノポノとラオイズムから学んだこと

4/13に心配していたことが現実になり、その後、「ホ・オホノポノライフ」に出会い、そのアドバイスに従ってクリーニングし始めてから、少しづつ状況が上向きになってきています。

でも結果に左右されず、クリーニングというプロセスに投資続けるたけです。

これが、ホ・オホノポノとラオイズムから学んだことです。


ホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きるホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる
(2011/03/01)
カマイリ・ラファエロヴィッチ

商品詳細を見る

「ホ・オホノポノライフ」から得たことの二つ目。

「ホ・オホノポノライフ」から得たことの二つ目。

過去の記憶に対しては、過去の記憶に触れて、今このときに湧き上がっている感情をクリーニングするのであって、過去の記憶自体をクリーニングするのではないということ。

クリーニングの対象は、「今」、「自分の中にあるもの」。

今日もクリーニングの効果を実感できることが起きました。

いつもでもクリーニングに戻れると思えることの素晴らしさ。

カマイリ・ラファエロヴィッチさんが「ホ・オホノポノライフ」の中で言っていることを実感しています。


ホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きるホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる
(2011/03/01)
カマイリ・ラファエロヴィッチ

商品詳細を見る

「ホ・オホノポノライフ」に感謝

「ホ・オホノポノライフ」を再読しています。

家族に問題がおきたとき、家族をクリーニングするのではなく、その問題に対する自分の感情、その問題を自分として体験したこと、その問題の解決を願う自分の期待、家族に対する自分の思いをクリーニングしなければなりません。

自分の中にある記憶を自分の責任でクリーニングする。

今までは、娘と奥さんに向けてクリーニングしていましたが、この本を読んで、そこのところを完璧に勘違いしていることに気づきました。

カマイリ・ラファエロヴィッチさんとこの本に感謝です。


ホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きるホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる
(2011/03/01)
カマイリ・ラファエロヴィッチ

商品詳細を見る

ホ・オホノポノライフ」にお金の話がでてきます

カマイリ・ラファエロヴィッチさんの「ホ・オホノポノライフ」にお金の話がでてきます。

お金は神聖な存在。

お金には様々な人々の記憶がべたべたと貼り付いていて、そのままではお金本来の働きをすることができないため、これをクリーニングすることで神聖さを取り戻す必要があるということです。

クリーニングの仕方も詳しく紹介されているので、早速やってみようと思います。


ホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きるホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる
(2011/03/01)
カマイリ・ラファエロヴィッチ

商品詳細を見る

「ホ・オホノポノライフ」を読むと

カマイリ・ラファエロヴィッチさんの「ホ・オホノポノライフ」を読むとクリーニングすべきときにしていなかったことに気づかされます。

その一例が、転居する場合に新旧の家をクリーニングしなければならないということ。

この3月に引越しをしたばかりなので、未だ、以前の家を頭に思い浮かべることができます。
今からでも遅くないので、早速実践です。


ホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きるホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる
(2011/03/01)
カマイリ・ラファエロヴィッチ

商品詳細を見る

「ホ・オホノポノライフ」を読んでいます

カマイリ・ラファエロヴィッチさんの「ホ・オホノポノライフ」を読んでいます。

ホ・オホノポノ関連では、これまで、イハレアカラ・ヒューレンさんの本を3冊読んでいます。

巻末の対話で吉本ばななさんも発言されていますが、この本では、ヒューレンさんの本を読んで誤解が生じやすい部分についてもきちんと踏み込んで書かれていますし、どういうときにどのようにクリーニングすればよいのか、より深く理解できるような気がします。

自分の中の体験、感情。その一瞬、一瞬をクリーニングする。

ラオさんの本を読んで心のおしゃべりを意識するエクソサイズをやっているので、「一瞬、一瞬をクリーニングする」ということがすんなりと受け入れることができました。

ホ・オホノポノもラオイズムも目指す方向はいっしょです。


ホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きるホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる
(2011/03/01)
カマイリ・ラファエロヴィッチ

商品詳細を見る

ラオさんの「幸福論」(何回目かな?)

ラオさんの「幸福論」を読んでいます。(何回目かな?)

「ありのままではなく「自分の見方」で世界を見てる」

本当にそうだなと思います。

確かに、普段、「自分の狭い見解にあわせて人にレッテルを貼る」ことを頻繁にやっているような気がします。


コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則
(2011/01/26)
スリクマー・S・ラオ

商品詳細を見る

40代も終盤だけど

3/17

ここ数日バタバタです。

そんな中、「コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則」の一部を再読しました。

目標を掲げそれに向かって必死に努力しつつ、結果と幸福を結びつけず、あるがままの人生を受け入れる。

この領域まで自分の精神を高めていきたいものです。

40代も終盤にさしかかりましたが、まだまだ登る山は高いということですね。

これも有難いことです。


コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則
(2011/01/26)
スリクマー・S・ラオ

商品詳細を見る

「コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則」の教え

「コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則」に「悪いラベルを貼るな」という教えが出てきます。

意識してみると、何事につけ、これをやっている自分に気づきます。

仕事で、言い争いになった →悪いこと
何となく警戒していた人から、自分の言動に注文をつけられた →悪いこと(やっぱり嫌な人だ)
依頼されていたことを忘れていて、後追いの仕事をしなければならない →悪いこと
などなど。

仕事上の悪いことラベルが蓄積すると、仕事自体に大きな、悪いことラベルが貼られ、仕事にいくのが嫌になったりします。

いまは、未だ、その都度、意識して、ラベルを貼るのを防ぐだけで精一杯の段階です。


コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則コロンビア大学超人気講座 ラオ教授の「幸福論」―人生に「いいことが」次々と起こる35の法則
(2011/01/26)
スリクマー・S・ラオ

商品詳細を見る
プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。