スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魚二匹

今日も金魚ネタで。

我が家で飼ってる金魚は、三匹とも「小赤」という種類です。

ちなみに1匹58円でした。

店員さんに、どれくらい大きくなるのか尋ねたところ、10年ぐらい生きれば30cmぐらいにはなるそうです。(今は2~3cm程度のサイズ)

ただ、餌の量・頻度、環境要因(例えば冬場にヒーターを使うかどうか)などに左右されるので一概には言えないそうです。

そもそも金魚は10年も生きるのですね。それと結構大きくなるにもちょっとビックリしました。

三匹は今のところ元気そうに泳ぎ回ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、ここまで朝、予約原稿にしておいたところ、先ほど帰宅したら早くも一匹死んでました。

昨日買ったうちの一匹のようです。

これはもう瑕疵担保責任の範疇ですよね!

スポンサーサイト

金魚を追加

先週から飼った金魚三匹のうち、金魚すくいでもらった二匹が立て続けに死んでしまったので、今日ペットショップに買いに行きました。

一匹買って帰ったところ、しっぽから白い泡のようなものを出しています。

奥さんがすぐにペットショップに電話して聞いたところ、病気とのこと。

他の金魚にもうつるとのことだったので、すぐに返しに行きました。

結局、お店の水槽のものは全て感染している可能性があるとのことで、その店では返品しただけで、他の店で二匹買って帰りました。

お店の店員が気づかず、購入した客が気づくというのもどうかと思います。

しかし、奥さんはよく気づいたものです。僕は全く気づきませんでした・・・


病気としては、風邪のようなもので、季節の変わり目に発症することが多いそうです。

お店からは薬をただでもらいました。

ちなみに、その病気の金魚とわずかな時間ではあるものの、同居した金魚は大丈夫なのでしょうか?

新参者が気に食わなかったのか、病気の金魚を口でつつきまわしていて、尻尾から出た白い泡をバクバク口にしてましたが・・・

マイケルボルダック著の「1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」」を再読

マイケルボルダック著の「1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」」を読み返しました。

その中に、人が求める感情的ニーズとして
・確実感
・不確実感
・つながりと愛
・重要感
・成長
・貢献

の6つがあがっています。

確実感と不確実感は、一見すると矛盾しているように見えます。

確実感が「安全、安心の欲求」から生じる感情であるのに対して、不確実感は多様性や「退屈しない」状態を求める感情です。

確かに、まず最優先で求めるものは、安全、安心ですが、それだけでは物足りず、どこかで刺激のようなものを求めるようになります。

確かに、このあたりをきちっとおさえたビジョン設定をしないと上手くいかないような気がしますね。


-1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~-1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~
(2008/12/12)
マイケル・ボルダック

商品詳細を見る

「影響力の武器」を読んでいます。

「影響力の武器」を読んでいます。
(フォトリィーディング1回)

かなりボリュームのある本で、未だ半分です。

噂にたがわぬ面白い本です。

返報性の法則、一貫性の法則などは、自分では絶対にこの類のやり口に引っかからない方だと常日頃から自信をもっていました。

ところが、本書を読みながら、そのいずれにも見事に引っかかっている自分に気づかされました。

*返報性のルール
  :他社から何かを与えられたら、自分も同様に与えるように努めるようになること

*コミットメントと一貫性
  :自分のことば、信念、態度、行動を一貫したものにしたい、あるいは他の人にそう見られたいという欲求

また、社会的証明の原理は、まさに普段の意識、行動そのものです。

確かに、これらの法則を知っているのと知らないのとでは、生きていく上で大きな違いを生むと思います。

早速、実践編の方も読んでみたくなりました。


影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
(2007/09/14)
ロバート・B・チャルディーニ

商品詳細を見る

アンソニーロビンズの五大原則

昨日、アンソニーロビンズの五大原則のうち、第一の原則‘ビション’を文章にしてみました。

それなりに時間をかけたこともあり、自分なりに満足できるものができあがりました。

これまで、将来の目標、夢を箇条書いたことはありました。

今回は、できるだけ具体的に、ビジュアルなイメージを思い浮かべながら、言葉を連ね、文章を膨らませていきました。

次は二番目の原則に取り組みます。

ちなみに、五大原則とは、

・ビジョン

・アイデンティティー

・フォーカス

・ランゲージ(言葉)

・フィジオロジー(身体)

です。

金魚が一匹

三匹の金魚のうち、二匹が死んでしまいました。

金魚すくいでもらったのが二匹、水槽を購入したおまけでもらったのが一匹。

三匹とも同じ種類で同じサイズだったので、どれがどれだかわかりません。

恐らくは、金魚すくいの二匹が死んだものと思われます。

残りの一匹は大きくなるでしょうか。


昨晩はドリアをつくりました

昨晩はドリアをつくりました。

できはいまいち。

ホワイトソースが固めで、かつ量が少なく、ライスとほとんど混ざり合わずに’ホワイトソース丼’のようになってしまいました。

オーブンの加熱時間も短かったことも敗因です。

作り方をみたら簡単そうだったので、少し、気を抜いたのが良くなかったかな。

金魚ふたたび

昨晩、お祭りで娘が金魚すくいをやって、残念賞で二匹もらいました。

春先のお祭りで、もらった金魚はすぐ死んでしまったので、奥さんが「もらわないで帰ろうか?」と娘に聞いたところ、「死んでもいいから飼いたい」との返事。(その返事もある意味どうかとは思いますが・・)

そこで、今日、濾過装置付きの本格的なガラス水槽を購入。
(こういうところが家の奥さんの偉いところです。ちなみに僕はといえば、まあ一週間もてばいいかななどと思ってました。)

おまけで、金魚が一匹ついてきました。

今、三匹は、気持ちよさそうに泳いでます。

まだ三匹とも小さい金魚です。

さてどこまで大きくなるか。楽しみです。

「単純な脳、複雑な「私」」は凄い本です。

「単純な脳、複雑な「私」」をティッピング(つまみ読み)しています。


人間の意志は、脳は「ゆらぎ」から生み出されます。

自分の自由意志によるものだと思っていたものが、実は脳の「ゆらぎ」によって決まってしまっています。

例えば、単純作業をしている時の脳を観察することで、ミスをすることが事前にわかるそうです。

そして「ゆらぎ」は、環境や身体によって規定されます。

「環境や外部からの刺激が、脳のゆらぎのパターンをロックしてくれて、だからこそ、僕らの行動は完全なランダムではなくて、場面や状況が似ていれば、毎回だいたい同じ行動を取ることができる。つまり、僕らの意志は環境によって決定されている。」

受験勉強は、このゆらぎのパターンをつくりだすことなんですね。

どうすればパターンをつくりやすいのか、それは、池谷さん著の「脳の仕組みと科学的勉強法」に書いてあります。

やっぱり、これは凄い本ですね。


単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る

お祭り

昨晩は、近所のお祭りでした。

町内のものだったので、小規模で、夜店の数もわずか。

だた、全て住民の皆さんがやっているのでとても安い!

娘と一緒に、スーパーボールすくいをしたり、くじを引いたり、焼きそばやたこ焼きを食べたりして、
楽しく過ごしました。

娘は楽しそうに盆踊りを踊っていました。

今日の夜は、別の場所のお祭り。
(こちらは昨晩と比べると大規模です。)

夏の夜は、楽しいものですね。

宝地図とレバレッジ・オーガナイザー

細切れの目標を作った方がいいのかなと思っています。

宝地図で、年単位の大きな目標はつくっているのですが、月、週単位での到達目標があれば、普段の行動はより芯の通ったものになるのではないかと思います。

ツールは、昨年5月頃から本田直之さんのレバレッジ・オーガナイザーを使っています。
レバレッジ・オーガナイザーは、日、月、年の単位でフォローできるツールですが、今は、日々のチェックのみになってしまってます。
(それでも1年以上続いているので、それなりの効果だとは思います。)
 
他のツールを試してみるか、レバレッジ・オーガナイザーで再度トライしてみようかなと思います。

「1Q84」を読み終えました。

「1Q84」を読み終えました。

上下ではなく、BOOK1、BOOK2という表示だったので、読む前は、「ねじまき鳥クロニクル」のようにまだ続くのかなと想像していたのですが、そうではなさそうですね。

知らなかったのですが、新聞の記事で読んだところでは、村上春樹さんはノーベル文学賞の有力候補とのこと。

そういう存在になったのだなとちょっとびっくりしました。

個人的には、いままでの村上春樹さんの本ではなかったことなのですが、主人公(青豆さん)にとても思い入れを持ってしまいました。

「脳を味方につける生き方」を読みました。

「脳を味方につける生き方」を読みました。

苫米地さんの本は、二冊目。

本書で書かれているノウハウは、「自分の理想とする人物イメージを設定して、ひたすら成り切る」というもの。

これは、演技をして自分を洗脳してしまうという方法です。

煙草をやめたければ、他人の前で禁煙している自分を演じ、家に帰って自分ひとりになったときには吸っても構わないということにする。
人前では、役者がスクリーン上で演技するように振る舞い、自宅に入った途端に、カチンコを鳴らして、演技を修了するというものです。

これを実行するだけでも、少なくとも自宅以外では煙草を吸わないようになることは請け合いとのこと。

その他、ここまでやるかという内容も含まれているものの、身のこなし、しぐさなど身体の使い方は影響が大きいという点は参考になりました。


脳を味方につける生き方脳を味方につける生き方
(2009/07/01)
苫米地英人

商品詳細を見る

「ソロスは警告する 2009 恐慌へのカウントダウン」を読みました。

「ソロスは警告する 2009 恐慌へのカウントダウン」を読みました。

前著はリーマンショックの直前に出版され、以降の大混乱を見事に予見しました。

本書は2009年以降の見通しについて語られた本です。

気になる今後についてですが、著者は、大恐慌入りしないための処方箋(中央銀行による金融機関への資本注入による建て直しとインフレ回避のためのその後の速やかな資金の吸い出し)を提示し、中国、インドは、早い時期に底を打つ、マネーは円と金に流れ込むと読んでいます。          
(現在、金融市場は生命維持装置につながれた状態で、著者の処方箋が実行に移されるか否かは「神のみぞ知る」とのことで、無論、楽観性は皆無です。)
                                                            
松藤民輔氏は、巻末の解説の中で、現在、既に、恐慌状態にあり、2009年後半から金融市場はもう一段下がると著者との見解の相違を表明しています。

新聞報道では、自動車、電子部品、半導体などは在庫調整がひと段落し、生産が上がり始めていると言われていますが、生活実感では、設備投資関連事業はこれから底を迎えるという印象ですし、雇用情勢はまだ底を打ったと言えないと実感しています。

また、ここにきて、戻しつつあった株式市場は、最近、また下がり始めています。

やはり、すんなりとは回復に向かわないのでしょうね。

マスコミが楽観論を記事にしだしたら、逆を狙うというのが常道とよく言われますしね。


ソロスは警告する 2009 恐慌へのカウントダウンソロスは警告する 2009 恐慌へのカウントダウン
(2009/06/12)
ジョージ・ソロス松藤 民輔 (解説)

商品詳細を見る

夏の匂い

今日は、久し振りに、早く帰宅。

最寄の駅を降りて綺麗な夕焼け空の中をカナカナぜみ(ひぐらし?)が素敵な声で合唱する中を歩いて帰りました。

そして何より好きな夏の匂い。

夏の夜の独特の匂いが大好きです。

リビングでビールを飲みながら、窓から吹く風の中にその匂いを感じるのは、これ以上の酒の肴はないという感じです。

最近は、夏は猛暑が続いていて、ビアホールに行く気もあまりしませんでしたが、今ぐらいの暑さであれば絶好ですね。

「まぐれ」読破と池田貴将さんのメルマガ

「まぐれ」をようやく読み終わりました。

最後の方は哲学的な内容が多く、そちらの方面には殆ど疎いので、理解が進みませんでした。

そんな中で、これはと思ったフレーズをひとつ。

「尊厳とは直接的な状況に左右されずに行動するための手順に従うことである。」

「手順に従う」という言い方が深いですよね。

話は変わりますが、最近、池田貴将さんのメルマガを読んでいます。

その中に、「『自己処罰モード』は結局責任をなすりつけているのと変わりません。」というフレーズがありました。

思い悩んでいることや問題に対して、「結局、自分が悪いんだよな」と結論づけをすると気分的に妙に楽になったりします。

これって、責任を何かになすりつけるという意味で、「他人のせいにする」のと変わらないですよね。

池田さんがメルマガで書いている通り、何かのせいにして終わりにするのではなく、今起きていることを直視するというのは確かに苦しいことだと思います。

「自分のせいにして逃げない」ようにしたいものです。


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのかまぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
(2008/02/01)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る

お料理一年生

昨日は、朝起きると、久し振りの激しい二日酔い。

1日中、ほとんど機能しませんでしが、夕方なんとか復活して、夕食を作ることができました。

メニューは、チンジャオロースとクー芯菜炒めに挑戦。

初めて中華鍋を使いました。

チンジャオロースは、牛肉のスライスを使ったので、細切りの肉の感じは出せませんでしたが、ピーマンと竹の子は普通の仕上がりでしたし、全体的に味はそこそこでした。

クー芯菜(漢字がわかりません・・)は、バターとにんにくでさっと炒めましたが、これはなかなか美味。

自分的には満足でした。

今日も、「お料理二年生」のとおりつくったのですが、炒め物に使う油の量が多すぎたという印象です。

書いてある通りではなく、心持ち少なめでいいのかもしれません。

「資格起業「3年で10倍」の法則」を読みました。

「資格起業「3年で10倍」の法則」を読みました。

著者は、司法書士の福田龍介さん。

中間省略登記の第一人者の方です。

47才で独立し、3年間で売上を10倍にしたノウハウが紹介されています。

とにかくアグレッシブな方という印象です。

資格業をサービス業として捉え、その点で立ち遅れているためチャンスは大きいと考え、CS向上の方針を柱に据えて、事務所運営をされている点は、他の資格起業成功者と通づる点です。

その発想がないとここまでの成功はできないでしょうし、逆にいえば、そのことを徹底するだけでもチャンスは大きく広がるのかもしれませんね。


資格起業「3年で10倍」の法則資格起業「3年で10倍」の法則
(2007/11/30)
福田 龍介

商品詳細を見る

無題

先週から、通勤時は、タレブさんの「まぐれ」を、就寝時は、「1Q84」を読んでいます。

また両方とも、半分ぐらいのところです。

少し前に書きましたが、「まぐれ」は再読です。(1回目は途中で挫折)

両方ともに面白くて楽しみながら読んでいます。

この二冊が終わると、読みたい本、ためしてみたいことがあります。

そちらも楽しみです。


昨日は司法書士試験でしたね。

受験生の皆様、お疲れ様でした。

七夕と「崖の上のポニョ」

昨日、DVDで購入した「崖の上のポニョ」を見ました。

アマゾンで予約して、発売日にゲット。

昨日は、奥さんが外出して1日娘と留守番だったので、早速上映会をしました。

娘は、見る前は、ポニョの歌を一緒に歌うとマイク(のおもちゃ)を用意して張り切っていていました。

残念ながらお目当ての歌は最後。

4才にになりたての頃に見た「千と千尋の神隠し」は、怖がって途中で断念。

ポニョは大丈夫かなと思っていたのですが、「千と千尋の神隠し」を見たあとで、しばらく娘に夜泣きをされて懲りている奥さんは、映画を見たママ仲間から「子供が怖がる場面がある」と聞いていたらしく、購入すること自体にやや否定的で、「怖がったらすぐに見るのをストップしてね。」と釘をさされてしまいました。

さて、上映会が始めると、娘は画面に釘付け。

途中で「怖い?」と聞くと「怖くない」との返事。

大丈夫かなと思ったのですが、嵐で波が吹き荒れる場面では、不安そうに、こちらを振り向きました。

最後まで見て、お目当ての歌が最後に流れても、微動だにせず。

目をこするしぐさをしていたので、「感動したのかな」などと思っていました。

そのあと、すぐに別の遊びをしたのですが、ポニョのことについては一切話がなく(通常、楽しいことがあった後にはその話でもちきりになるのですが)、何となくおかしいなと。

食後に昼寝をさせようとしたのですが、「眠くない」の一点張り。

昨晩、娘は一人でトイレにも行けなかったようで、今朝起きたら、奥さんは不機嫌そのもの。

ポニョのDVDは、「千と千尋」に続き、お蔵入りになりました。


さて今日は、七夕の飾り付けをしました。

去年までは家ではしなかったのかな?

娘はとても楽しそうでした。子供のころはこういうのが楽しんですよね。






プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。