スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なぜ投資のプロはサルに負けるのか」を読みました。

「なぜ投資のプロはサルに負けるのか」を読みました。

著者の経歴は、計算科学の分野で博士号を取得し、欧米の大学院で教鞭についたあと、外資系投資銀行に転職し、クオンツとして活躍中というもの。

日本にもタレブさんみたいな人はいるのですね。

この本は図書館で借りた本のうちの一つです。

内容は、初心者向きにファイナンスリテラシーについてわかりやすく書かれていて、質感としては橘玲さんの本に近い感じです。

吉本佳生さん、橘玲さんをはじめこれまでこの手の本はいくつか読んできているので、再確認的に楽しむことができました。

とくに効率的市場仮説とランダムウオークについては、シンプルに書かれていて、わかりやすかったと思います。

そして、本のタイトルにも関連する、なぜアナリストの株価予想は外れるのか、プロ中のプロが運営しているはずのファンドの成績が市場平均を下回るのかについてもとてもわかりやすく説明されています。

プロが分析に分析を重ね売り買いしている市場は、限りなく効率化していくことになります。つまり、情報は瞬時に株価に折り込まれるため、あるべき適正な株価に収斂するということ。これは誰もが知らない情報にしか株価が反応しなくなるという意味で、コインの裏表を当てるのと変わらないということです。運に左右される世界では、プロと素人の差はありません。

また、市場では、機関投資家やヘッジファンドといった投資のプロが多数を占めていて、そういったプロの保有している株を足し合わせていくと、それはほぼ市場とイコールになります。プロが市場に打ち勝つのは自分に勝つということになり、すべてのプロが市場に勝つことは不可能であることが自明といえます。

なるほどですね。

ブログもあるようなので、覗いてみたいと思います。


なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
(2006/12/08)
藤沢 数希

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この土日は

昨日は、知り合いの結婚披露宴に行ってきました。

最近の披露宴は変わりましたね。

昔ながらのセオリーにはこだわらず、自由につくりあげている感じです。

そういえば、先日、新聞で、仲人を立てるカップルの割合は数パーセントという記事を読みました。

披露宴すらやらないという人たちも多いのでしょうね。

一転して、今日は娘と動物園へ。

暑くも寒くもなくとてもいい日和で、思わず生ビールを飲んでしまいました。

娘には、ママには言わないように釘をさしておいたのですが、おそらくは無理でしょね。

「カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?」を読みました。

「カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?」を読みました。

図書館で見つけて、さらっと中身を見たら結構面白そうだったので借りました。

この本では、「サトルティ」という相手の潜在意識にさりげなく示唆することにより、相手に気づかれずに心理操作して相手よりも優位な立場に立つテクニックが紹介されいて、その中にいくつかなるほどと思うものがありました。

・やたらにうなずかず、ため込んでからうなずく。
・否定語(でも、しかし)ではなく、肯定語(だから、そして)を使う。
・本当に信じていないことは口にしない。例えば、他人から聞きかじっただけの話、リズムだけのあいの手、見え透いた社交辞令、ありきたりの決まり文句。
・走らない。(電車、信号の切り替わりなど)
・相手を包み込むように見る。(フォトリーディングのソフトフォーカスと同じ見方)
等々です。
・簡単に本音を言わず、最後まで「カッコ」をつける。

僕にとって一番効いたのは、最後の項目。

自信がないことにのぞんでいるときに、自信がないということを口にだしてしまうことを指しています。
(例えば、緊張しているときに、「緊張しているので」と言ってしまうような場合のこと。)

こういった場合にメンタリティの土台にあるのは、「先に言っちゃって、楽になろう・・」という気持ちで、コミュニケーションの相手に対して、「この人はまず自分が楽になることの方が大切なんだ・・」と思わせてしまうことになると言います。

大事なのは態度に出しても口には出さないということ。

これはほんとに要注意ですね。

最後に、これから参考にしたい、子育てや部下の指導にとてもためになるノウハウを一つ。

・人を褒めるときはズームアウト、人をしかるときはズームイン。

褒めるときは、結果だけでなく、心の持ち方にまで拡大解釈して褒め、逆にしかるときは、「ポイントだけ」を指摘するということ。


カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?
(2006/08)
石井 裕之

商品詳細を見る

秋の夜長にユーチューブ

今日は、それなりにプレッシャーがあったひと仕事を終えたので、ご褒美にユーチューブで楽しんでいます。

本当に綺麗な声と素晴らしい歌詞です。

窓を開けてかすかな風とともに入ってくる秋の匂いを感じながら見ているとなんとも言えない気持ちになります。

object width="425" height="344">

秋の匂い

この5連休は、外出は、双方の実家に行っただけで、残りの3日は地味に近くの公園や買い物をしてゆっくり過ごしました。

もうすっかり秋の匂いですね。

秋の匂いもまたいいものです。

家ではほとんどの時間は娘の遊び相手で埋まりました。

今日になって少し解放され、2~3時間ほど株の勉強をしていました。

今度こそ、本格的に勉強してみようと思っています。

明日からは飲み会も控えめにしなければ・・

株本

今日は、ひょんなことから暇な時間があったので、株本を読んでました。

以前読んだ株価チャート練習帳のテクニカル技術をどう実践に使えばいいかという観点で、勉強になりました。

ネット投資家のためのやさしい実践テクニカル 売りの技術は儲けの技術【増補改訂版】ネット投資家のためのやさしい実践テクニカル 売りの技術は儲けの技術【増補改訂版】
(2007/12/12)
出島昇宝徳政行

商品詳細を見る

ホ・オノポノのクリーニング

本を読んでから「ごめんなさい」「ゆるしてください」「ありがとう」「愛しています」を心の中で唱えています。

本にも書いてある通り、いつでも、どこでも簡単にできるので、とても楽です。

劇的に自分の人生が変わるようなことはないと思いますし、期待もしていません。

自分の視座が変わったり、ものごとの受け止め方が変わったり、平穏な気持ちが続いたり、周囲とのちょっとした関係が好転したり、といった変化はあるのでしょうね。

ずっと続けていくと何が見えるようになるのか、楽しみにしています。

物語(エピソード)で読み解くデリバティブ入門

「物語(エピソード)で読み解くデリバティブ入門」を読んでいます。

著者は、早稲田大学大学院ファイナンス研究科の教授の森平さん。

デリバティブという考え方が、先物やオプションといった金融派生商品の中だけではなく、様々な場面で用いられていることが紹介され、そもそもデリバティブとはなにかということがよくわかります。

例えば、保険もオプションの一種です。

宝石の盗難保険は、「盗まれる可能性のある宝石」を保険会社に売る権利(プットオプションン)です。
では、このプットオプションを持っている保険加入者は、いつその権利を行使するかと言えば、宝石が盗まれたときです。
盗まれた宝石を買った保険会社は、その代価を保険加入者に支払いますが、宝石は、盗人から取り戻さない限り手に入れることはできません。

それでは、生命保険はどう考えればよいのか?

本には書いてないので、自分で考えてみます。


物語(エピソード)で読み解くデリバティブ入門物語(エピソード)で読み解くデリバティブ入門
(2007/03)
森平 爽一郎

商品詳細を見る

ホ・オホノポノは凄い

ホ・オホノポノの本を二冊買いました。

ホ・オホノポノの第一人者のイハレアカラ・ヒューレンさんの著作です。

ホ・オホノポノはセドナメソッドと目指すところは一緒で、そしてとてもシンプルなところも同じです。

セドナメソッドも、斉藤一人さんも、シークレットも、気の清水先生も、言ってることは同じです。
 
是非、実践していきたいと思います。


豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換
(2009/04/24)
イハレアカラ・ヒューレン河合 政実

商品詳細を見る

吉本佳生さんの「金融工学 マネーゲームの魔術」を読んでいます。

吉本佳生さんの「金融工学 マネーゲームの魔術」を読んでいます。

オプションの仕組みについて知りたくて図書館で借りてきた中の1冊です。

吉本さんの本は以前、何冊が読んだことがあり、とてもわかりやすかったので、今回も真っ先に借りました。

オプション・プレミアム(オプションの購入価格)がどのように決まるのかが、簡単な図や例えを使ってわかりやすく説明されています。

今日、読んだところまででわかったこと。

◆ボラティリティが高いほど、プレミアムは高くなる。
 (その分、大もうけできる可能性が高まるので)
◆権利行使価格が安いほどコール(買い)のプレミアムは高くなる。
 (権利行使時点での価格が権利行使価格より高くなる可能性が大きくなるから)

いずれもわかってしまえば当たり前のことです。ただ、この本の説明がなければこれほどすっきり理解できなかったことは間違いありません。


金融工学マネーゲームの魔術 (講談社プラスアルファ新書)金融工学マネーゲームの魔術 (講談社プラスアルファ新書)
(2000/04)
吉本 佳生

商品詳細を見る

子供が褒められるとうれしいですね


今日、娘が初めてバレエのレッスンに行きました。

体験版で一度、レッスンを受けていたので、正確には二回目です。

そのレッスンに通常時はいないはずの別の先生がきていて、奥さんが話かけられたそうです。

どうも、体験版のときに、娘の才能(?)が見染められたようで、本格的にやってはどうかとのお誘いだったようです。

奥さんには、「彼女が楽しくできるのが一番だね」などと言って冷静を装いましたが、とっても嬉しかったです。

今日の料理ほか

今日の晩御飯は、チキンライスの半熟目玉焼きのせをつくりました。

チキンライスはチキンがなかったのでソーセージを使用。

ほんとはナポリタンにする予定だったのですが、娘がスパゲッティはいやだというので、途中で変更。

具にタマネギとピーマンを使ったので、やや甘めの仕上がり。

ご飯がフライパンにくっついてしまって炒めるのに難儀しました。


オプションを研究してみようと図書館で関連の本をたくさん借りてきました。
(今月は、披露宴に出席の予定で、本に使えるお小遣いがありません・・・)

来週1週間で読み終えて一度ショミレーションしてみようと思います。

yazooの「only you」のライブ映像を見ています。

最近、ユーチューブで、yazooの「only you」のライブ映像を見ています。

昨晩も、30分ほど費やしてしまって、勉強ができませんでした。

確か1980年代の初めにヒットした曲ですので、25年にもなるのですね。

当時は、それほど好きだったわけではなく、レコードを借りた覚えもありませんし、恐らくはラジオからエアチェックして聞いてもいなかったような気がします。

ただ、なぜか頭に残っていて、ふとした拍子に、ユーチューブでyazooを検索したところ、2008年のライブ映像がいくつかアップされているのを見つけました。

2008年にライブツアーを行なったということは、リバイバルでヒットしたか、誰かがカバーしてヒットしたかなんですかね。(最近全くこの種の事情に疎いので。)

ビンスクラークのおたくっぽいテクノに、アリソンモエットのソウルフルな歌声がのる心地よい感じの曲です。

アリソンモエットは相変わらず恰幅がよく、気持ちよさそうに歌っています。
大きな身体を静かに揺らしながら歌う姿が、なんだかかわいらしく思えてそこも不思議な感じです。

2008年のライブツアーは、いろいろな都市で行われたようで、いくつかのライブテイクがアップされています。
その中で僕のお気に入りは、ニューヨークでのライブ。画像はあまりよくありませんが、アリソンモエットが楽しそうに歌ってる姿がもっともフュチャーされていて好きです。

勉強!勉強!

最近3週間ほど、飲まずに帰宅して、10:30~11:00に間に寝るようにしているので、とても快適です。

ただ、家で晩酌(1時間ぐらいのものですが)をするので、帰宅後の時間を勉強、読書に充てることができていません。

1時間でよいので、日々の勉強の時間をとるようにしたいですね。

早速今日から開始です。

とここまでは朝書いた内容で、つい先ほどまで、ネットで日司連のオンライン申請についての研修ビデオを見ていました。

自分との約束を守ると気持ちいいですね。

バレエ

娘がバレエを始めることになったので、誕生日のお祝いの一つとしてバレエのDVDをプレゼントしました。

買ったのは「眠れる森の美女」。

オーケストラの演奏にあわせてダンサーが踊るもので、セリフと歌のないオペラのような感じでした。

1982年の舞台なので、画像もややざらついているし、5歳の子供には難しいかなと思ったのですが、大好きなオーロラ姫のお話なので、それなりに面白いようです。

僕もきちんとバレエを観るのは初めてでした。動きの流麗さを見ているだけで楽しいものですね。

つらつらと

「潜在意識のレベルで望んでいることと、意識の上で目標としていることが食い違っていると幸せにはなれない。」

確かにそうなんでしょうね。

自分の目標が、本当に自身が望んでいることなのかどうか、あらゆる角度から検証する必要があるのかもしれません。あるいは時間をかければわかってくるのかも。

と思う一方で、あまり難しく考えずに、シンプルにやりたいこと、楽しいと思えることをやればいいのではないかとも思えたりします。

などつらつらと考えているとついつい自己啓発ものの本への依存心が生じます。

でも、間違いなく、その答えは自分の中にしかありません。

青豆は死んでいない?

本屋で「1Q84」のムック本を読んでいたら、ロバートキャンベルさんという方(だったと思う)のインタビューの中で、青豆は死んでいないのではないかという発言がありました。

確かに、ムック本に書かれているとおり、最終章で天吾は、「青豆をみつけよう」と「心に定め」ています。

そして、青豆が自殺する最後のシーン。
「引き金をあてた指に力を入れた」という文で終わっていて、死んだかどうかははっきりとは書かれていません。

ということは、続編があるということですかね。

ひょっとするとこの手の話はすでに旧聞に属するのかもしれませんが・・

研修受講

今日は、遺産分割についての研修を受講してきました。

講師は大学教授の方で、年齢が同じだったのでちょっとビックリしました。
(拝見した感じでは、自分より上という印象だったもので)

今年3月の最新判例の紹介もあり、とても有意義な研修でした。

相続の分野は是非極めたいところですので、本もセレクトして購入するつもりです。

信託法

信託法についての専門書「新信託の理論・実務と書式」を読んでいます。

2007年に施行された新信託法についての逐条解説タイプの実務書です。

今回の改正で、新たに「後継ぎ遺贈型の受益者連続信託」という信託が設けられました。

これにより、実質的に、自分の財産の残し方を二世代後以降まで指定することが可能となったと言われています。

例えば、障害者の子供がいるようなケースで、最初の受益者を配偶者に、配偶者死亡後は子供とする連続して指定することが可能になります。

それにしても、信託法そのものが大正時代から今まで改正がされていなかったというのが驚きです。


新信託の理論・実務と書式新信託の理論・実務と書式
(2008/07)
北浜法律事務所外国法共同事業

商品詳細を見る

けだし名言

人間同士のコミュニケーションとは、感じるべきことを、言葉や文章という使い勝手に少し難がある道具を使いながら探りあうこと

これは、山田ズーニーさんの著書「伝わる・揺さぶる!文章を書く」の中で紹介されている、ある法務教官の名言です。

流麗な文章を書くこと(発言をすること)、人に頭がいいと思わせる文章を書くこと(発言をすること)、など、これまで見た目にこだわっていたことがどんなに意味のない無駄なことだったことか。

自分の中心軸においておきたい言葉です。


伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
(2001/11)
山田 ズーニー

商品詳細を見る
プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。