スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法書士試験まであとわずか(2)

昨日に続き。

本試験で問題を解きながら、「今年の問題は簡単だな」と感じたり、逆に「難しいな」と感じたりすると思います。

これは昨年の問題との比較、答練・模試との比較してのことだと思いますが、あくまでも感覚に過ぎないということを肝に銘じるべきです。

答練・模試と比べると本試験の問題は、問題文が読みやすく、重箱の隅をつくような問題がないといった特徴があるがゆえに、答練・模試をこなしてきた人にとっては平易な印象を受けます。

ただ、感覚的に平易な印象を受けるからといって論点の検討をおろそかにすると足をすくわれることになります。

ぼく自身、平成18年度の受験時には、前年の印象が強すぎたためか、「本試験の問題は素直な問題しか出ないのでひっかけはない」と思い込んでしまって、民法で3問をひっかけと検討不測で落としました。

逆に、例年より難しいと感じた場合は、上記のような慢心を感じて失敗することはないと重いますが、試験途中で諦めてしまわないように心しておくべきです。

試験の難易度が高い場合、他の受験生も苦労しています。むしろチャンスととらえ、できる問題でミスをしないように確実に得点をかさね、難しい問題には最後までくらいついて少しでも積み上げをはかるという気持ちで臨むことが大切です。

これらを避けるためのひとつの方策は、よく言われるように、直線期は過去問を年度別に解く作業を繰り返し、答練・模試の感覚から本試験の感覚に切り替えていくことです。

今日はこのあたりで。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。