スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勝利の代償」を読みました。~ニューエコノミーと格差社会について~

ロバート・B・ライシュ著「勝利の代償」を読みました。
(フォトリーディング 1回)

勝間さんご推奨の本です。

著者はクリントン政権時代に労働長官を務めた経験がある方で、現在は政治の世界からは身を引いて著作活動を行っています。

ニューエコノミーの勃興がアメリカ社会がもたらした功罪を豊富な事例(ほんとに豊富です)をもとに解き明かしていく内容です。

絶え間ない技術革新と効率性の追求により、過去より豊かな生活を享受できるようになった一方で、これらが価格破壊を引き起こし、雇用の不安定化と格差拡大をもたらし、家族生活、コミュニティそして自分自身をむしばんでいると書かれています。

この本は、2000年に書かれたものですが、それでもここに書かれているアメリカ社会の格差拡大は驚くべきものです。現在はもっと凄まじい状況になっているでしょうし、日本も同じ道を歩んでいるのでしょうね。

最近、日本でも、格差がさらなる格差を生む状態や格差が子供の代まで引き継がれる状況など、格差拡大の連鎖が指摘されていますが、アメリカでは、1990年代に既に凄いことになっていたようです。

本の最後に僅かではありますが、著者の考えとして、社会的なバランスをとり、こうした状況を打開するための方法が書かれていますが、最新作「暴走する資本主義」ではそのあたり処方箋の深堀がされているのでしょうか。

近いうちに読んで見たいと思います。



勝者の代償―ニューエコノミーの深淵と未来勝者の代償―ニューエコノミーの深淵と未来
(2002/07)
ロバート・B. ライシュ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。