スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「統計学でリスクと向き合う」を読んでいます。

「統計学でリスクと向き合う」という本を読んでいます。

まだ少ししか読めていませんが、統計数値の持つ特徴が実例をもとに平易な説明がされており、読みやすい本です。

何故、読みやすいかというと、

そもそも統計は一見難しそうに見える数式を使うがゆえに敬遠されがちですが、数式からではなく、その考え方から理解しようとすれば決して難しいものではないと言っています。

そして、この本では、その言葉どおり、数式の背後になるそもそもの考え方について実例を出しながら、平易に解説してくれています。

 その上で、数式の意味についても初歩的なことから説明がされており、例えば、標準偏差を求めるために何故2乗と平方根を使うのかについても理解できるように書かれています。

 まだ、1/4程度しか読んでいませんが、この本であれば、統計の基本が学べそうです。


統計学でリスクと向き合う 新版―数字の読み方に自信はありますか?統計学でリスクと向き合う 新版―数字の読み方に自信はありますか?
(2007/10/25)
宮川 公男

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。