スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サラリーマン合気道―「流される」から遠くに行ける」を読みました

「サラリーマン合気道―「流される」から遠くに行ける」を読みました
(フォトリーディング5回)

新聞広告の国際弁護士八代英輝さんの「仕事がつまらない、自分には向いていない。そんな悩みを抱える人こそ是非読んで欲しいです。その悩みの中にこそ、自分だけの仕事を作り上げていくためのヒントが隠されているということがわまります。」という推薦文をみて読んでみることにしました。

著者やない道彦さん(苗字が漢字変換で出ないので平仮名にしています)は、1965年生まれのクリエイチィブディレクター。僕と同じ年です。

目次をみると「アイディアは書き留めない」「積極的に緊張する」「うまく話そうとしない、目を見て話さない」「弱点を仕事にする」「イエスマンになる」「プライドや個性を進んで捨てる」などなど、一見、常識に逆らい奇をてらった風のタイトルが並んでいますが、全てやないさんが、これまで仕事をやる中で培ってきたノウハウであり、読んでいて深い気づきを得ることができる内容となっています。

あとがきでは、「本の内容を自分の状況と照らし合わせて翻訳してみてください。」と書かれていますが、僕自身は常にそういう本の読み方をしているので、その辺りにも共感することができました。

さて、そういう意味で僕にとってのこの本のハイライトは「なりたい職業より、やりたいこと」という項です。

仕事は「好き」や「得意」だけで選ぶのではなく、「自分はこの世界でどうしたいんだろう」という気持ちをしっかり自覚して、職種に惑わされることなく「やりたいことの根っこ」をおさえることが重要という内容です。

昨日のブログでも書きましたが、最近は、動機付けというのが仕事をする上でのキーファクターであると強く思っていて、そのことをすばっと言語化してもらえてとても嬉しく思いました。

「やりたいことの根っこさえおさえていれば職種は何でもいいのかもしれない」
きっとそうなんだと心の底から思えます。

そのほかにも、素晴らしいヒントが満載ですので、それらの内容についてはあらためて記事にします。

とてもお勧めの本です。

サラリーマン合気道―「流される」から遠くに行けるサラリーマン合気道―「流される」から遠くに行ける
(2008/09)
箭内 道彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

コメント

Secret

プロフィール

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。