スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法書士無料相談会に参加しました

司法書士無料相談会に陪席相談員として参加してきました。

今回勉強になったのは民法877条の親族間の扶養義務。

「直系血族及び兄弟姉妹は互いに扶養する義務がある。家庭裁判所は特別の事情があるときは三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる」という条文です。

条文自体は良く知っていましたが、ここでいう扶養義務が、実際の現場ではどの程度の強制力をもって適用されるのか、生活保護との関係ではどうなのかということはわかっていませんでした。

生活保護は、自身の生活能力と面倒をみてくれる身寄りの有無により、その適用が判断されることになりますが、民法877条に該当する親族が存在する場合に、どのような基準で、どのような手続きを踏んで、生活保護の適用の可否が決定されるのかという問題です。

生活保護の申請があった場合は、役所から親族へ照会があり、親族の生活状況を確認して、被対象者の面倒をみる余力があるかどうかの調査をするようですが、どれほど厳密なものかとういうと・・・

無論、画一的な対応ができるような簡単な問題ではなく、ケースにより様々だとは推察します。

良い勉強になったと思うのは、条文上で規定されていることが現場でどのように扱われているのかという事例に触れることができたことです。


スポンサーサイト

コメント

Secret

はじめまして。。。。
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。




プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。