スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「官製不況」を読みました。

「官製不況」を読みました。
(フォトリーディング1回)

著書は、経済学者の門倉貴史さん。

週間ダイヤモンドで紹介されていた勝間さん推薦本です。

目的は、国内景気の先行きを見通して今後の投資活動の参考にするためです。

構造改革の停滞、国内株価の極端な下落、年金財政、ワーキングプアの増加、モラルハザードと規制強化など国内の諸問題は、政策ミスにより引き起こされ、状況悪化を招いていることが主張されています。

「官製不況」は、かつてバブル崩壊時の対応のまずさをめぐって使われたことばですが、最近も、日本銀行総裁人事の不手際などをめぐり各所で頻繁に指摘されるようになっていて、サブプライム問題の震源地である米欧以上の日本株の下落は、まさにその代表例であると断罪しています。

 書いてある内容としては特段目新しいものはありませんでしたが、「トリクルダウン効果」「グラミン銀行」「ベーシックインカム(キャピタル)」など初めて知った知識もあり、ここ数年の情勢を俯瞰する意味では有意義な読書ができました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。