スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間さんの「読書進化論」読みました。

勝間さんの「読書進化論」読みました。

フォトリーディングではなく、就寝前のリラックスした時間に、少しづつ読み進めました。

さて、本を読んで得られたこと。

本の読み方に関して「フレームワークがない読書は身につきにくい」という項で、「まずは、帯、目次、「はじめに」、「終わりに」にさらっと目を通してフレームワークをつかまえにいく」という箇所はとても参考になりました。
そもそも最初に本の全体を俯瞰するのはフォトリーディングの実践ステップのひとつなのですが、「フレームワークをつかまえにいく」という意識を持つかどうかでその効果に違いが出ると思います。少なくとも、今年の2月に講座を受講し、フォトリーディングへの取り組みがやや惰性になりつつあった今の僕にとってはとても有効なアドバイスです。

読書した本の数が多ければそれだけフレームワークの蓄積が増え、既知のフレームワークの部分については読み飛ばしができるため、読書のスピードも速くなるという点も納得です。
僕は、試験勉強の期間(5年間)が空白の時期にあたり、本格的に読書を再開したのが、今年に入ってからですので、今はフレームワークの蓄積を増やす時期と心得えておく必要がありそうです。

気になっていた推薦本の「本を読む本」に段階別の読書の仕方が紹介されているようですので早速読んでみようと思います。

「書く技術」の方では、「勝間式 相手がわかりやすく読みやすく書くための4つの技術」がとても参考になります。

そのまま転記すると、
①「自分の事例」「アンソロジー形式」を利用して親しみをもたせる
②「役に立つフレーズ」を必ず入れ、読書だけに体験を閉じない
③「共通体験」や「流通していることば」を使って行動を促す
④「コンテンツ力」と「編集力」で進化していく

このブログに活かしていきたいものです。

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)
(2008/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。