スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りに司法書士試験について

先日、ふと頭に浮かんだことがありますので久し振りに司法書士試験について。

記述式対策は、多くの受験生が頭を悩ますところだと思います。

合格体験記や予備校講師の方針を見聞きしても、「択一の延長で何とかなる」という方もいれば、「記述式固有の対策が必須」という方もいて迷ったりします。

どちらかといえば前者は、短期合格者(あるいは短期合格向け講座)、後者は複数回受験者(あるいは中上級講座)という区分けができます。

短期合格者は、択一に手一杯で、記述式対策に充分に時間を割くことが難しいというのが実態だと思います。
つまり「択一の延長」という方針を意図的に採用したのではなく、時間の関係でそうならざるを得なかったというのが正しい言い方のような気がします。

殆どを択一の勉強に費やし、1回目の受験で合格を手にする受験生もいれば、記述式の足きりで何回も涙を呑む受験生もいます。

まずは択一をクリアしなければ記述式は採点すらしてもらえませんので、常道ですが、1年目は択一を中心に完成させるのが結局は早道だと思います。

そして、大事なのは、自分にとって、今現在、何が不足していて、合格を掴むためにどういう対策を講じるべきなのかを分析し、戦略を立てることだと思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。