スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マイクロトレンド」を読んでいます。

「マイクロトレンド」を読んでいます。

副題は「世の中を動かす1%の人々」です。

目的はマーケティングの知見を深めるのと、自分で商売していく際の発想のヒントを得るためです。

現代は、庶民が一斉に同じ方向を向くようなメガトレンドは成立せず、様々な分野で1%の人々がつくりだすマイクロトレンドの数々が世の中を動かす時代になっているということを豊富なデータをもとに検証していく本です。

内容ですが、男と女、親と子、飲食、美と健康・などの各分野においてへえーと思うような事例が紹介されています。

具体例であげますと、

大学等の一部の機関では、「自分の認識する性別」といういわゆる第3の性について公に認められるようになってきているそうです(プロフィールの性別欄のチェック項目に「自分の認識する性」という項目がある)。

1歳年上であれば、勉強、スポーツなどの面で優位になるし、いじめを受ける可能性も少なくなるという理由で、子供を1年遅れで幼稚園に入れるケースが多くなってきている。

アメリカでも社内結婚が増えてきている。その傾向に対応するために就業規則の改訂の必要性が指摘されているのがアメリカらしいですが。

もちろんアメリカの事例ですので、「かなり進んだ」事例が多いのですが、日本は何年か遅れでアメリカに追従すると言われていますので、全く関係ないということではないと思います。

こうした一部の人々、層に深く潜行するトレンドに目配りをしておかないと、本質を捉えた有効なマーケティング活動が展開できないということなのでしょうね、

そして、この本の監修者で、「格差社会」などの著書で有名な三浦展さんの「個別の業界の細かいデータを逐一見る必要はなく、まず見るべきは、人口、世帯、婚姻件数、離婚件数などの社会や市場の根本的な数字である。」というコメントに納得です。


マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びとマイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと
(2008/04)
マーク・J. ペンE.キニー ザレスン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。