スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池谷裕二著「進化しすぎた脳」を読んで

進化しすぎた脳 (ブル-バックス)を読みました。

フォトリーディングの園講師が池谷氏の他の本を紹介していたのですが、たまたま、本屋で目に留まり購入しました。

最初、フォトリーディングを使って読んでいましたが、もともとの知識が少ない分野ゆえ、なかなか頭に入ってこなかったこと、また、内容がとてもおもしろかったため「初めから順番に一言一句、読みたい」という誘惑に勝てず、結局は途中から普通読みに変更しました。

 内容は、僕のような脳科学初心者には驚きの連続で、かつとにかくおもしろい知識が満載です。また、池谷氏が、中高生に講義するというスタイルで、先端の脳科学についての本であるにもかかわらず、とてもわかりやすく、またとり上げられている事例も興味を引くもので、前評判にたがわず素晴らしい本でした。

 おもしろかったのは意識と無意識の境目の話。
驚いたのは、人間の活動はその大部分が無意識の範疇に属するということ。例えば、一般的に‘意識’的な行為と思われている行為も、実は、無意識になされていることが多く、意識は潜在意識の奴隷と言っても過言ではないとのことです。
 例えば、100万画素のデジカメは綺麗に写らない(でこぼこの写真になる)のに、なせ人間は100万画素の網膜を使って綺麗にものを見ることができるのかというと、実は網膜から入った情報は欠陥だらけで、脳が自発的(すなわち無意識に)に網膜から入った情報を解釈することでスムーズに感知することができているとのこと。 

その他、

 ‘悲しみ’という感情は神経活動の副産物でしかない。

 人間の記憶はあいまいにできている。逐一、違いを認識するのではなく、パターン認識するようにできている。仮に、あいまいでなかったとしたら、毎日違う服を着た人を同じ人と認識できなくなってしまう。
 
 視覚から取り入れた情報を脳で処理するには0.5秒かかる。ということは、人が見ているものはすべからく過去の情報である。(「「いま」は常に過去」)

などなど、とても刺激的な話が一杯です。

 今後も、池谷氏の他の著作を読んで見たいと思います。

 それでは。

スポンサーサイト

コメント

Secret

スーパーEQさんこんばんわ 池谷先生の本は「記憶力を強くする」は読んだ事があるのですが、その本自体はそれほどという感じでした。試験が終わったら御紹介の本を読んでみようなと思います。ところで突然ですが、スーパーEQの合格までの記録が大変すばらしいので、私のブログで紹介させて頂いても宜しいでしょうか。もしNOならばそれはそれで結構でございます。ご返事お待ち申し上げております

スーパーEQさんこんばんわ 池谷先生の本は「記憶力を強くする」は読んだ事があるのですが、その本自体はそれほどという感じでした。試験が終わったら御紹介の本を読んでみようなと思います。ところで突然ですが、スーパーEQさんの合格までの記録が大変すばらしいので、私のブログで紹介させて頂いても宜しいでしょうか。もしNOならばそれはそれで結構でございます。ご返事お待ち申し上げております

すいません 前のコメントは削除させて頂きたく

司法書士を目指している方々に少しでも多くの方に目にして頂けるのであれば大変光栄です。ご紹介して頂けるのであれば是非宜しくお願い致します。

ご承認ありがとうございます。明日のブログで紹介させていただきます。もし不適切な表現等ありましたらコメント欄でお知らせください。修正いたします。
プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。