スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヤバい経済学」について

今日は、完全に旧聞に属すると思われますが、「ヤバい経済学」について。

僕自身も読んだのは、今年の2月頃でした。

この本は、経済学初心者でもほんとに面白いく読める本です。

内容は、相撲の八百長など一見経済と無関係に思える事象について、データ分析により、解明していくというもので、その鋭利な分析手口の鮮やかさには惚れ惚れしてしまいます。

著者は、スティーヴン・D・レビットという米国の有名な経済学者で、そのユニークな社会分析を共著者スティーヴン・J・ダブナーというジャーナリストが巧みな文章で、一級のエンターテイメントに仕立て上げています。

経済そのもについての内容はありませんが、経済学のコアな凝縮された本質のようなものが理解できる本としてとてもお勧めです。

僕はこの本を読んで、経済学や統計学に興味を持つようになりました。

「経済学は実際の世の中のあり方についての学問だ」と言う著者の言葉に納得です。


この記事が300本目です。

とりあえず、年内中に到達するとの目標は達成できました。

ヤバい経済学 [増補改訂版]ヤバい経済学 [増補改訂版]
(2007/04/27)
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。