スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この金融政策が日本経済を救う」を読んでいます。

「この金融政策が日本経済を救う」を読んでいます。
(フォトリーディング3回)

著者は元大蔵官僚で、特別会計の「埋蔵金」を暴露したことで有名な高橋洋一さん。

この本、著者が「おそらく世界一簡単な金融政策の教科書」と豪語するだけあってとってもわかりやすい経済書です。

内容も抜群に面白く、金融政策のイロハを学ぶことができます。

1929の大恐慌からの脱出は金融政策がかぎであったことは今や欧米諸国では常識ですが、日本では未だにニューディール政策による大規模公共投資や戦争によって脱出できたと考えられているそうです。

バブル崩壊後、無駄な財政出動をこれでもかと繰り返した日本政府の愚策振りはこの無理解がベースになっているようです。

また、今回の景気の後退はサブプライム問題などアメリカの金融崩壊のとばっちりを受けたと思われていますが、これは間違いで、実は2006年度の金融引き締めが原因になっている、すなわち日本政府の金融政策のミスが主犯であると断罪しています。

景気対策のために金利を上げろ(=金融引き締め)と主張している民主党に対してはその政権担当能力は危ういと指摘。

日銀総裁の人事でも、民主党は日銀が政府や財務省の言いなりに低金利を続け国際を買わされているとして日銀の独立性を強調していましたが、「デフレ下で日銀が国債を買うのは高校の教科書レベルの話」とのこと。

まだ半分しか読んでいませんが、ほんとに面白い本です。

著者は結構多作のようで、2008年に本書も含めて数冊の本を出しているようです。

他の本も早速読みたくなってしまいました。

この金融政策が日本経済を救う (光文社新書)この金融政策が日本経済を救う (光文社新書)
(2008/12/16)
高橋洋一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。