スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「予想どおりに不合理」を読みました。

「予想どおりに不合理」を読みました。
(フォトリーディング3回)

目的は、行動経済学の知識習得のためです。

既にベストセラーになっている本書。僕が購入したのは、昨年の11月、出版されてすぐの時期です。

その後、次から次へと読みたい本がでてきたのと年末年始に思ったほど読書の時間がとれなかったことで、今になってしまいました。

本書の面白さは、人間の行動の不合理さをあぶりだすための数々の実験の積み重ねにあります。

その大部分が、著者の所属するMITをはじめハーバードといったアメリカの名門大学で行われたものです。

よくもまあここまで実験したなと思うような内容もあり、アメリカ社会の懐の深さを感じました。

さて不合理の中身について、。

代替貨幣は、現金そのものよりも、不正を誘発しやすいそうです。

確かに、会社から現金を盗むことはしませんが、文房具を拝借することはそれほど抵抗はありません。

著者は、現金による取引きが少なく電子マネー等が普及している現代では、この人間の特性ゆえにとても深刻な問題を引き起こすのではないかとの指摘しています。

確かにそうですよね。こうして歴史はつくられていくのでしょうね。きっと。

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
(2008/11/21)
ダン アリエリーDan Ariely

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。