スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天才! 成功する人々の法則」を読みました。

「天才! 成功する人々の法則」を読みました。

旬の本なので内容の紹介はさておき、本書を読んでの気づきをあげておきます。

まずは子供の育て方についての親のスタイルの違いについて。

裕福な家庭では’共同育成’のスタイルがとられている。
’共同育成’とは、親が積極的に子供の才能や考えや技能を育み、評価する育成スタイル。
「子供が示す興味を’ひとつの合図’と受け取り、その興味をきちんとした才能に育てる手立てを探す。」
裕福な家庭の親は子供の自由時間に深く関与し、さまざまな活動に参加させ、活動内容について頻繁に質問する。
ただ命令を下したりはせずに、わが子と話し合い、子供たちに理由を説明する。

一方で貧しい家庭では、親は子供の行動を、大人の世界とは関係のないたいして重要なものではないと考えている。
子供の興味をその子の特徴、その子たらしてめているものだと決め込んでいる。
子供が興味をもってやることを単に’可愛い’と思い、その子が注目を集めるための手段だと考えている。

そして、裕福な家庭の子供は権利意識(権威ある相手に対しても自分の意見を主張し、自分の最大の目的のために周囲の状況を自分の要求に応じてカスタマイズしていく)を身につけるよう育てられる。

とっても参考になります。今まで子育てに関してぼんやりと考えていたことが明確に整理することができました。

次に満足のいく仕事に求められる特性。
「自主性」「複雑さ」「努力に見合う報酬」。
上手い定義ですよね。

最後に欧米とアジアのコミュニケーションの違い。
アジア諸国では’聞き手本位’で会話の意図を読み解くのは聞き手の責任。
一方、欧米では、’話して本位’で考えを明瞭に、曖昧さを残さずに伝えるのは話しての責任とみなされる。
日本人もその典型ですね。もちろん僕自身もですが。

天才!  成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
(2009/05/13)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。