スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池谷裕二さんの「単純な脳 複雑な「私」」を読んでいます。

池谷裕二さんの「単純な脳 複雑な「私」」を読んでいます。

前著「進化しすぎた脳」と同じく、高校(今回は池谷氏の母校)での特別講義を本にまとめる形式のものになっています。

前著の感想と同じですが、とにかく分かりやすくて面白い!

ぐいぐい引き込まれるように脳科学の最先端への理解を深めることができます。

そして、そこで明かされているのは、一般読者にとっては驚くべき事実の数々。

とにかく読み出したらとまらない面白さです。

今日は、ここまで読んだ中でとくに興味深く、自分の気づきにつながった「脳と体の関係」について。

「脳は体を介して自分の置かれた状況を把握する」のだそうです。

怒りや恐れ、不安などで心拍数が上がりますが、怒ったり不安だったりする感情があるから心拍数が上がるのではなく、心拍数が上がるから怒りが増幅したり、不安な感情が起ったりするそうです。

僕はちょっとしたあがり症なのですが、大勢の人間の前で話をするとき、手に汗をかき、心拍数が上がり、お腹がよじれるような感じがして、「何となく嫌だな」という不安感を感じます。これも順番としては、体のリズムの乱れ→不安感の醸成、なのですね。

また、「感情を操作して行動にあわせる」というのも実に興味深い事実です。

感情と行動が食い違った場合、既に起こった行動は既成事実であり、変えることは不可能なので、脳は感情を行動に整合させるように変えることで体の事実に合致させるのだそうです。

斉藤一人さんが、つまらなくても「ニコニコ」すれば楽しい気分になるとか、心で思っていなくても「しあわせだなあ」と口に出すといいということを著書で書いていますが、科学的にもきちんと裏づけのあることなのですね。



単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。