スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳が冴える15の習慣(2)

日は、「脳が冴える15の習慣」の続編です。

失敗ノートの作成。
これは自分でも昨年からつくりはじめており、仕事上のミスをその背景、原因分析とともに記録するようにしています。
この本では、小さな失敗の中にこそ大きな失敗を未然に防ぐ警告が含まれており、例えば電車に傘を忘れた場合など日常的なちょっとしたミスもこまめに記録して、その分析を行うことを薦めています。
実は、僕自身が仕事上の失敗ノートを作成しようと思ったのは、司法書士試験の書式対策で間違いノートを作成していたことからヒントを得たのですが、書式対策でも、むしろ小さなミスを記録することが重要でしたので、書いてある内容はとても腑に落ちました。
今後は、生活全般の失敗を記録していこうと思います。
(傘を忘れることはとても多く、ここ3ヶ月に3本失くしていますし、電気の切り忘れ等々で、日常的に奥さんからクレームを受けることもしばしばですので、ネタには困りませんね、きっと・・・)
ある程度記録がまとまったら時点で、このブログでも公開してみたいと思います。

出力を意識して情報をとる。-入力⇒情報処理⇒出力を確認する。
そのためには要点を意識的に捉えて脳に入れることが必要で、そのことにより、使える(必要なときにすぐに取り出せる)記憶を増やすことができます。
人との会話が少ない人はこうした意識が薄く、したがって会話のネタが不足し、もしくはあったとしても会話のやりとりの中で臨機応変に取り出せないため、会話する機会があっても無言の時間帯が多くなり、そうした機会が億劫になるという悪循環に陥るのですね。
逆に言えば、
会話する機会が多い⇒出力を意識する必要性は増える⇒その意識も高まる⇒、会話のネタが豊富になる⇒人と会話の機会が増える (人に話すことを前提に情報を得る)
という好循環を生むのだと思います。
自分は前者タイプで、以前から同じようなことは考えていて実践できずにいたのですが、この部分ついては、無意識レベルにおちるまで、習慣化していきたいと思います。
具体的には、常に「家族に話すネタ、ブログで紹介するネタはないか」「仕事に役立つ情報はないか」ということを意識しながら、情報に触れることを実践していたいと思います。

薄い新書なのですが、とても得るものが多く、忘れた頃にフォトリーディリングするようにしたいと思います。

それでは。
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
(2006/11)
築山 節

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

私も仕事の関係上間違いノートみたいなものはつけていますけど、生活の間違いノートとはなかなか厳しいものが。仕事のほうは間違えると色々あるんで必要に迫られてなんですけどね。
 私の場合前の会社にいたころは結構無口だったんですけど、最近は良くしゃべるようになりました。回りの環境の(人間関係)のせいかもしれません。そのわりに勉強は進んでいないような気もしますが

日常生活でもそれなりに書くことは発生しますね。先週の木曜日に早速、傘を電車に置き忘れてネタができました・・・。 ある程度、材料がたまったところで失敗記録を眺めてみて何らかのパラダイムを発見できたらと思ってます。
プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。