スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「影響力の武器」を読み終えました。

「影響力の武器」を読み終えました。
(フォトリィーディング1回)

ウェブ上の情報商材のセールスレターでは、ほとんど全てがこの本に書かれている原理が使われています。

この本は、2000年に出版されていますので、今では、その手口は一般的に広く知られたものになっていると思われます。

ただ、わかっていてもひっかかってしまうものなので、まだまだ効果はあるのでしょうね。

本書に書かれている返報性、コミットメントと一貫性、希少性、権威といった影響力の武器は、何ゆえにそこまで人の行動に影響を与えるのかという点について、最後の章で著者の考え方が明らかにされています。

それは、現代では情報量の洪水の中で選択の幅があまりにも広すぎるゆえに、もともとの脳の特性である自働性に拍車がかかり、より簡便な判断方法に頼らざるを得なくなっているというものです。

脳の自働性というのは、脳は本来、楽をしたがるようにできているということ。

生活の大部分を自動操縦(著者が言うところの「カチッ・サー」)に任せざるを得ない世の中で、大事なポイントでいかに手動に切り替えられるかが成否を分けるのでしょうね。


影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
(2007/09/14)
ロバート・B・チャルディーニ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。