スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブラック・スワン」と「出稼げば大富豪」

「ブラックスワン」を読み始めています。

「まぐれ」よりは読みやすくなったとの印象はあるものの、タレブ節は相変わらずです。

人は、「黒い白鳥がいるという証拠がない」ことを「黒い白鳥がいないという証拠がある」と取り違えてしまいがちだと言います。

「裏付けになる事実をいくら集めても証拠になるとは限らない。」のです。(白い白鳥をいくら見ても黒い白鳥がいないことの証拠にはならない)

一方で、命題が間違いだということは証明できます。(全ての白鳥は白いというのは間違いだということは、黒い白鳥を見たらわかります。)

ちなみに、ジョージ・ソロスは相場を張るときに、自分の仮説が間違っていることを示す事例を探すそうです。

懐疑主義は、否定にフォーカスをあてることになり、アンソニーロビンスの教えや、引き寄せの法則に反しそうで何となく抵抗感を感じます。(同様に失敗学も)         

そこで、
「意識は肯定に、知識は否定にあり」
という「出稼げば大富豪」の大富豪の‘兄貴’の一言が頭に浮かびました。
(そういえば、「疑うことを怠ったことがないねん」というセリフもありましたので、彼はバリバリの懐疑主義者なんですね。)
 
意識(そして無意識)は、ポジティブなものに向けながら、実際にものごとに対峙する局面では、常にリスクを測って処するということでしょうか。

この一言にめぐり合えただけでも、「出稼げば大富豪」を買った甲斐があったと思いますす。

それと全く関連性がないような、この二冊を続けて読んだ幸運に感謝です。

そして「ブラックスワン」はやはり評判どおりの凄い本です。
それにしてもこういう本がミリオンセラーになるのだから、アメリカという国は凄いですね。


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る


ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
(2009/06/19)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る


出稼げば大富豪 ~貧乏博士課程の目指せ!金持ち修行日記~ (調子ぶっこきシリーズ)出稼げば大富豪 ~貧乏博士課程の目指せ!金持ち修行日記~ (調子ぶっこきシリーズ)
(2009/06/05)
クロイワ・ショウ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。