スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケティングの本

F・コトラーの「マーケティングコンセプト」を読みました。
(フォトリーディング5回、マンイドマップ1枚)
図書館で、本を借りてきた本です。

マーケティングについては、会社の昇格試験の際に指定のテキストを読んだことがあるぐらいで(しかもそのときは、義務感しかなかったため)、ほとんど知識がありません。開業にあたっては、必須の知識ですので、一度、体系的にインプットしたいと考えていました。

F・コトラーの著書の中では、最初は「マーケティングマネジメント基本編」を読むべきなのでしょうが、残念ながら貸し出し中でしたので、本書と「戦略的マーケティング」を借りてきました。

本書の構成は、マーケティングを考える上で最も重要な80のコンセプトについて解説を行うというもので、初心者が体系的に勉強するためには、あまり向いていませんが、フレームワークを獲得するという意味では、有用な知識の蓄積を図ることができたと思います。

いくつか、司法書士業の参考にしたいコンセプト、気づきがありましたので、あげてみます。

・4Pから4Cへ
 製品⇒顧客価値、価格⇒顧客コスト、流通⇒利便性、プロモーション⇒コミュニケーション
 *顧客側に立った発想をしなければならないということだと理解しました。

・戦略の3V→戦略的なポジショニングの確立
 標的市場と標的ニーズの定義
 魅力的な価値提案の策定
 独自の供給ネットワークの整備
 *司法書士業にとってはどれも必要な要素ですね。

・個別市場の定義
 *上記の標的市場、ニーズという考え方もそうですが、「登記」「成年後見」「クレサラ」といった一般的な業務分類から一歩踏み込んだ定義をする必要があるということですね。

・産業の再定義
 *例えば、「会社設立の登記手続きを担う」から「会社設立を支援する」という発想をするということなのだと思います。司法書士の仕事全般を再定義すると?考えてみたいと思います。

・ネット
 短時間でのダウンロード
 初期画面はすっきりわかりやすく
 明確な情報
 不要な広告なし
 
・顧客
 顧客を’大切に扱う’ということは’平等に扱う’ということではない

・顧客維持率の向上
 新規顧客開拓には既存顧客維持のコストの5~10倍かかる
 顧客一人あたりの利益は維持された顧客の生涯を通じて増加する傾向にある

・サービスの3つのF
 迅速・柔軟・親切

早く自分で実践してこうした知識を検証したいですね。それでは。


コトラーのマーケティング・コンセプトコトラーのマーケティング・コンセプト
(2003/05/02)
フィリップ・コトラー、恩藏 直人 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。