スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分の小さな「箱」から脱出する方法」を読みました。

「自分の小さな「箱」から脱出する方法」を読みました。

金森重樹さんが監修している本で、「マインドマップ的読書感想文」の中で、名著として紹介されていたのを見て購入しました。

「箱に入っている」とは他人をものとしか見ず、自分を正当化してしまう状態のことを言います。

本書では、主人公とメンターとのやりとりを通して、どうなると箱に入ってしまうのか、箱に入っているときにしてはいけないことは何か、箱に入ることでどのような弊害が起きるのか、といったことについて、職場、家庭での事例を交えて説明されています。

人のことを気遣っているようで、実はその人の目に自分がどう映るのかにしか関心がなかったり、仕事が上手くいくかどうかより、自分が頭の切れる有能な人材であることを証明することに関心が向いてしまったりと、普段、自分がいかに箱に入ってしまっているか痛切に思い知らされます。

大事なのは、箱に入っていることを自覚してそこから出て、箱の外にいる状態を維持すること。

もう一度読んで、自分なりによく考えてみたいと思います。


自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
(2006/10/19)
アービンジャー インスティチュート金森 重樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。