スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小さな「箱」から脱出する方法」を再読しました。

「小さな「箱」から脱出する方法」を再読しました。

娘との関係で、「箱」に入ってしまうことがよくあります。

我が家では十姉妹を飼っていて、エサや水をあたえたり、鳥かごを掃除したりといった日常の世話は娘の仕事です。

ところがこれをなかなかやりたがりません。

あれこれ言ってやるように促すのですが、「やらせよう」「言うことを聞かせよう」というこちらの意図が強く出せば出すほどかたくな態度になります。

僕はといえば、このとき既にどっぷりと「箱」に入っていて、力ずくで言うことを聞かせようと娘と「張り合う」状態になってしまってます。

「箱」に入るきっかけは、「自分が他人のためにすべきだと感じたことに背く行動をする=自分への裏切り」です。

僕の例で言えば、鳥の世話でやりとりする前までの娘との関り合いの中で、娘のためにした方がよいと思ったことをしなかったことがきっかけで「箱」に入ってしまい、そのまま鳥の世話を娘にさせようとしてしまったのでしょう。
例えば、自分がパソコンをやっているときに一緒に遊びたくてまとわりついてきた娘につきあわなかったりしたことがこれにあたります。

自分の感情に背き「箱」に入ってしまうと、あとは、何だかんだ、娘のよくないところを反芻し、娘と遊ばなかった自分を正当化しようとします。

これに気づけただけでもかなり大きいのでしょうね。


自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
(2006/10/19)
アービンジャー インスティチュート金森 重樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。