スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法書士の集まりに参加しました(2)

さて、今日は、開業後に中心に据える分野についての考察です。

 クレサラを中心に業務を行っている方にお聞きしたところクレサラは下火とのことです。
 法改正の影響もありますが、既にやり尽くして、顧客(すなわち借金で苦労している人)が少なくなっているようです。
 また、クレサラをやるのであれば簡裁訴訟代理の認定は必須(ないと貸し手から相手にされないようです)とのことで、しばらくは認定研修の時間をとれないので、この分野は難しそうです。

 成年後見については、まだ手探りで仕事を進めているような状況で、全員がスタートラインに立ってヨーイドンの状態とのこと。
 先行者にアドバンテージが少ない分、これから開業する司法書士にも充分チャンスがある領域のようですし、成年後見を希望する司法書士が少ないため、競争が少ないという意味でも取り組む価値はありそうです。
 収入面は良くわかりませんが、先輩の一人は「まあ食えると思う」と仰ってました。
(「食える」というのはどの程度の稼ぎを意味するのでしょうか?)

 何人かの方に企業法務はどうですか?と聞いてみましたが、都心ではあるが、それ以外の地域では殆ど案件はないとの回答でした。 
 僕としては、最も興味がある分野なのですが、僕が登録した地域の司法書士の方々は、やはり登記(それも不動産)が中心のようで、どなたも全くそういったアプローチを考えていないようでした。
 確かにM&Aのような大掛かりな仕事はないと思いますが、中小企業をターゲットにすれば、ワンストップの法務相談窓口ような存在に対するニーズがありそうな気がします。
  企業法務という角度から仕事を広げている方がいないがゆえに、そこを自分のセールスポイントにして競争優位のポジションを確立することができるのではないか、それが戦略になるのではないかと漠然と考えています。

 また、とくに中小企業では人事労務がらみのニーズはあるのではないかと思います。
 無論この分野は社会保険労務士の領域ですが、ここで付加価値をつけて司法書士業務につなげていく余地はあるのではないかと。

 他の司法書士の方々もそうですが、司法書士になる前のバックグランドを活かして専門領域をつくる方が効果的のようで、僕的には、企業での人事労務の経験があるということを売りにできないかと思っています。

 と、いろいろと考えましたが、どうやって実行に移すか、そのための具体的な行動をどう設定するか、これがとても大きな課題です。
 
 それでは今日はこのあたりで
スポンサーサイト

コメント

Secret

 独立するのも大変ですよね。ある意味会社を起こすのと一緒ですから。成年後見ってどうなんでしょうね。需要がありそうなのはわかるのですが、はたしてこの制度をどれだけの人が利用するかというのがどうも自分には見えないのですが。

成年後見については、僕もfw1959さんと同じような印象を持っていたのですが、以外と利用される方はいるようですよ。それと何より、受託する司法書士が少ないようです。
独立は大変ですが、ぼちぼちやっていきたいと思っています。
プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。