スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトリーディング実践報告(3)

「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」を読んでいます。
(フォトリーディング3回 マインドマップ1枚(未だ途中))

フォトリーディングを1回した後で、スーパーリーディング(読む目的に関連する言葉を探す)とテッピング(読む目的に関する情報を読む)で読み進めているのですが、まだ半分にも至っていません。

全体のボリュームがありますし、内容的にも濃いので、ついつい普通読みになってしまいます。

フォトリーディングは、あらかじめ読む目的を明確にした上で、自分がその本から何を得たいのかを明確にするための質問をつくり、それら目的、質問に関連する情報をキャッチするという手法です(僕自身の理解ですが)。

知の分野の本を読む時には、目的にあった質問がつくれないことが多く、どうしても中途半端な読み方になってしまいがちです。

全体の概要を知ることを目的にする場合は、その目的にあったスキタリング(本の見出しを大、中、小と読み、さらに文章中の太字の部分などポイント部分を読むことで概要を把握する手法)というテクニックがあります。

ただ、スキタリングでは、しっかりとインプットしたいときは不向きですし、文章構成がしっかりした本でないとやりにくいというデメリットがあります。

それと思うのは、翻訳本のハードカバーはとても中身が濃いということです。

無論、日本の本でも探せばあるのかもしれませんが、実用的で、内容の質が高くて、わかりやすくて、エンターテイメント性も備えていて、中身が詰まっているという本にはあまりお目にかかったことがありません。
これまでの経験では、翻訳本の方が、それら要件を備えた本が多いような気がします。

「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」は1,900円ですが、その何分の1にも満たない中身で1,500円前後の価格の本と比べると、コストパフォーマンスの違いは明らかです。

 悩みは、ごくごく基本的な知識はあるものの、それほど精通しているわけではない分野に関して、詳細情報を得ようとする場合で、かつ、中身が濃い本を読む際に、どのようなフォトリーディングの仕方がいいのか、研究してみたいと思っています。

 フォトリーディング実践者のブログで情報収集してみようかな。

 「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」についてはあらためて。

それでは。

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦
(2006/07)
ジム クレイマー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

出来る経営者と出来る社員の仕事術「MindManager」

頭の中でアイデアがグチャグチャになっていませんか?
そんな悩みを解決する方法があります!
それは脳のメカニズムに最も適した「マインドマップ発想法」です。
あなたの仕事、そして人生を変えるマインドマップソフト
MindManager(マインドマネージャー)を紹介します。
プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。