スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」

「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」について。

とても読み応えのある本で、まだ読み終わっていません。
フォトリーディングから普通読みになってしまって、時間がかかってしまっています。

途中経過ですが、取り急ぎ考えたことを。

明確にわかったことは、自分がこれまで、いかに、やってはいけないことをやってきたか(もしくはやっているか)ということです。

例えば、株が値下がりしても、売却しない限り、値下がり損は実現していないと考え、もう少し戻ってから売ろうと考えて保有し続けること。

ジム・クレイマーは、こうした考えを、「個人投資家が陥りがちな信じがたい錯覚」と言っています。そして、売却しなくても損が出ていることには変わりはなく、すぐに売却して、勝ち馬に乗り換えるべしとも。

心理的には、少なくともトントンにしてから売却したいとの思いが強く、損が発生しているにも関わらず持ち続けてしまい、ズルズルと損失を拡大するということを何度も繰り返してしまっています。(そして現在進行形です・・・)

「欲張って持ちすぎて損失に終わらせるべからず」というルールもまさに自分の反省として当てはまるものです。
儲けが出ているときでも、現金化するまでは、実際に儲けが手に入っているわけではないときちんとわきまえるということです。
逆に言えば、ほどほどのところで、現金化して、儲けを実現せよということ。

数年前の郵政選挙での自民圧勝を受けての上昇相場の際に、ピークの相当前にある銘柄を売却してしまったことがあり、そのときの悔しさが忘れられず、どうしても手離れが悪くなってしまっています。

このルールを実行しなかったために、大きな利益を失うのみならず、大きな損失を抱えてしまった(しまっている)銘柄が、2つほどあります。

肝に銘じておきたいルールです。

その他まだまだありますが、今日はこのあたりで。

それでは。


全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦
(2006/07)
ジム クレイマー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。