スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会話のマネジメント コーチング選書 02」を読みました。

「会話のマネジメント コーチング選書 02」を読みました。

コーチ・トエンティワンという会社による選書のかたちで翻訳出版された本です。

著者は、アメリカの組織開発のコンサル。

コミュニケーションの不備による浪費を避けるための生産的な会話のノウハウが紹介されています。

以下、ポイント、気づきを箇条書きします。

ものの見方の3つの側面からの定義
「目的」・・絶対断念できないポイント
「懸念」・・目的達成の障害となるかもしれない物事
「環境」・・目的達成にあたり考慮すべき事実

会話を生産的なものにするための「交点」3つの原理
1.その人なりの「目的・懸念・環境」をもっている。
2.自分の「目的・懸念・環境」に気づいてもらえない、ないがしろにされたと感じると抵抗、攻撃的になり、浪費を生むことになる。
3.逆に、「目的・懸念・環境」に気づいてもらい、尊重されていると感じると、情報の共有化、行動につながり、価値を生む。

脳の主導権を扁桃体から大脳皮質に戻す方法
短い質問(闘い・逃亡・凍結・譲歩)にしか答えられないという扁桃体の特性を踏まえ、扁桃体が答えられないような質問を自分に問いかける

「自分の正しさをい証明するためにはどうしたらいいだろう?」ではなく、「私はどんな価値を生み出せるのか」
行為の主体を「正しさ」から「価値」にシフトする。

目的に焦点をあてたとき、価値は増大する。


会話のマネジメント コーチング選書 02会話のマネジメント コーチング選書 02
(2004/11/18)
M.コノリーR.リアノシェク

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。