スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聴くちから」を読みました。

「聴くちから」を読みました。

アメリカの心理学者の方が書いた本です。

いくつか参考になることが書いてあったので、箇条書きにて。

人の話に集中できないパターン
・次に何を言うか考える
・自分の解釈を述べる

基本ステップ
①注意を払う
・自分を抑えて相手の話に集中する
②相手の考えを認める
③自分の理解を確認する
・相手の主張をフィードバックする

・話の要点を自分の言葉で確認する

他人の気持ちに責任を感じる必要はない
ただその気持ちに気づき、認めてあげればよい
例えば、奥さんから「何だか最近つまらない」と言われたときに、自分がかまってあげていないからだと考えたり、相手が自分のことを責めていると受け止めたりする必要はない

同情と共感は別物
共感とは話しての考えにしっくり耳を傾けたとえその考えに反対だったとしても余計な口出し(アドバイス、取りあえずの同調のことば)はしない

心に残るコメントをしようという邪心は捨てる

良い聴き手とはリラックスできるような雰囲気を自然につくれる人のこと

聴くちから聴くちから
(2005/11/19)
マイケル・P・ニコルズ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。