スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜井章一さんの「20年間無敗の雀鬼が明かす「勝負哲学」」を読みました。

桜井章一さんの「20年間無敗の雀鬼が明かす「勝負哲学」」を読みました。


著者ほどの方が、これほど鍛えているのだから怖いものなしなのは当たり前と思っていましたが、そもそも日常的な訓練がなければ達することのできない極みなのだということがよくよくわかりました。

目から鱗の内容は多々が多々ありますが、本書全体を通して、自分の心質を高く保つために、日常から鍛えることの大切さを痛感しました。

その中で、今日は著者の「集中力」に関する独特の感覚について。

著者によると、集中とは、よくありがちなイメージの一点を凝視するというものではなく、渦の中心に自分を置いて、薄目で全体を視界におさめるようなものとのこと。

フォトリーディングと同じですね。

麻雀の際も、点数を数えるのではなく、牌を視覚的なイメージで捉えるとのこと。

イメージで捉えるというのは、直感力のある人に共通していることのように思います。


20年間無敗の雀鬼が明かす「勝負哲学」20年間無敗の雀鬼が明かす「勝負哲学」
(2004/11)
桜井 章一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。