スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第三の消費スタイル」

「第三の消費スタイル」を読みました。
(フォトリーディング3回 マインドマップ1枚)

久々のマーケティング関連本です。

日本人の消費スタイルは、「プレミアム消費」、「安さ納得消費」、「利便性消費」、「徹底探索消費」4つに区分でき、現在の日本人のマジョリティーは「利便性消費」(35%)。

とはいっても、「プレミアム消費」は18%、「安さ納得消費」は34%、「徹底探索消費」13%となっていて、「安さ納得消費」とほぼ同程度であり、また、一人に複数の消費スタイルが混在しています。

「利便性消費」とは、「モノや価格に対する意識が弱く、ただ何となく便利だから購入するという消費スタイル」を言います。

コンビニがこれほど早く、これほど普及した国は日本だけだそうで、「利便性消費」という日本固有の消費スタイルが生んだ現象です。

最近はやりの駅ナカなどもその一つ。

さらに言えば、昔から、日本には、「御用聞き」や「富山の薬売り」といった「利便性」を重視した商売のスタイルがあり、今に始まったことではありません。

日本人は、面倒くさがりで、周りにあわせるあるいは自分の頭で考えずに人から言われたことをまじめにこなすことを好む民族であり、また、「なじみ」というのを重視する傾向があります。

こうした傾向が「利便性消費」につながっていると筆者は書いています。

いろいろな種類の中から、自分なりに考えて、具体的な購入品を選択、決定することを面倒がる人が多いそうですが、まさに自分にも当てはまることで、典型的な日本人なんだなあと思った次第です。

資格業も一種のサービス業ですので、この本を読んでとても良い視点を得ることができたと思います。

それでは。

第三の消費スタイル―日本人独自の“利便性消費”を解くマーケティング戦略第三の消費スタイル―日本人独自の“利便性消費”を解くマーケティング戦略
(2005/10)
野村総合研究所野村総研=

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

コメント

Secret

プロフィール

スーパーEQ

Author:スーパーEQ
現在は、メーカーでサラリーマンをしています。
昭和40年生まれ44才。一児(娘)の父です。
平成19年に司法書士試験に合格しました。週末起業からの開業を目指しています。これからの活動、勉強した内容について、記録していきたいと思います。

amazon
Ads By Google
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。